ビジネス英語の弱点克服戦略

インド英語が聞き取れない!どうやったら理解できるようになる?

ひでお
最近インドの営業所と電話会議するんだけど、インド人の英語が全然聞き取れないんだよね…
たしかにインド人の話す英語は特徴的で、聞き取るようになるには慣れが必要だよね
ぺらきち
ひでお
なにかコツやアドバイスがあれば教えてほしいっす!
OK!そしたら今日はインド英語を理解できるようになるためのポイントを紹介していくね!
ぺらきち

インド英語が聞き取りにくい理由

indian_businessman

そもそもなぜインド人の話す英語は聞き取りにくいと感じるのでしょうか?

その理由を解説します。

発音が独特

インド英語には、いくつか特徴的な発音があるんです!
ぺらきち

"r"の発音

インド英語では、"r"を「巻き舌」のように発音することがあります。

標準的な"r"の発音は、舌を上あごにつけず喉の奥で唸るように発音しますよね。

インド英語では、上あごにつけた舌を振動させて「ㇽルル」と発音するので、全く違う音に聞こえます。

run →「ㇽルァン」

after →「アフタㇽ」

"run"のような語頭の音はまだわかりやすいですが、"after"などの語尾の"r"を巻き舌で発音されると、一瞬違う単語と勘違いしてしまうこともあります。

"th"の発音

"th"の発音もやや特徴的で、「タ」や「ダ」のように聞こえることがあります。

インド英語に限らずこのように発音する人もいますが、特に顕著に聞こえます。

that →「ダット」

other →「アダーㇽ」

"other"のように、"th"と"r"が両方含まれるような単語だと、最初は「え?」と思ってしまうかもしれません。

"v","w"の発音

あまり多くは見かけませんが、たまに"v"が「ウ」のように聞こえることがあります。

これは"w"と"v"の発音の区別があいまいなために起こるようです。

そのため、"w"が「ヴ」のように聞こえることもあります。

over →「オーウァ」

water →「ヴォータㇽ」

話すスピードが速い

すべてのインド人というわけではないけど、とにかく早口な人が多いです!
ぺらきち
ひでお
俺も会議で何回も聞き返しちゃうんだよね…

発音の独特さに加えて話すスピードが速いと、意味を理解するのが難しいです。

そもそも英語には「リンキング(リエゾンとも)」と言われる、単語が連続して発音される特徴があります。

インド英語の発音にリンキングが加わると、しゃべっている内容がより分かりにくくなってしまいます

例として以下のような文を考えてみましょう。

We have other options.

(私たちには他の選択肢もある)

これがインド英語で話されると、以下のように聞こえる可能性があります。

We have other options.

ウィハワダㇽロプションズ

「ウィ ハゥ アダㇽ オプションズ」がつながり、このように聞こえます。

これを早口で話されると、慣れない人にはその音の羅列が何を意味しているのか理解できないのです。

どうやったら理解できるようになる?

listening

インド英語の特徴が分かったところで、聞き取れるようになるためのポイントを確認していこう!
ぺらきち

発音の特徴を理解しておく

まずは「発音が独特」で紹介したインド英語特有の発音を、頭に入れておきましょう

最初は単語を聞き取れないかもしれませんが、次第に「巻き舌音が聞こえたら"r"」という風に、頭の中で即座に変換できるようになります。

このページで紹介したもの以外にも、インド英語や話し手特有の発音は多々あります。

会話をしていて分からないなと思ったら、ただ聞き返すだけでなく「今の発音はこの単語を意味していたんだな」と振り返るようにしましょう。

そうすることで、徐々に音と単語が頭の中でひもづいていくはずです。

動画を視聴して慣れる

頭で考えるだけでは聞き取れるようにならないのも事実です。

基本的な特徴が分かったら、あとはとにかく聞く練習をすることが大切です。

とはいえ仕事以外でインド英語に触れる機会もなかなかないと思います。

そんなときはYouTubeなどの動画を視聴してリスニングの練習をしましょう!

こちらの"ASIAN BOSS"というチャンネルの"INDIAN TOPICS"という再生リストがおすすめです。

さまざまなトピックについて、街中の人へのインタビュー形式で情報を発信しています。

教材的な動画よりも、このような実際に使われているインド英語に触れることが重要です。

このページで紹介した発音の特徴なども聞くことができるので、分からない箇所は繰り返し聞いて練習しましょう!

まとめ

インド英語の特徴と、聞き取れるようになるためのポイントについて説明しました。

インド英語には、標準的な英語とは違う発音の特徴があります。

その発音で続けざまに速いペースで話されると、慣れない人には意味を理解するのが難しいです。

ただ、そんなインド英語の特徴を理解し、実際に聞く練習を続けることで徐々に聞き取りができるようになります。

インドは人口も多く、そのぶんビジネスにおいても優秀な人が多いです。

このページの内容を参考にして、インド人とのコミュニケーションをより充実したものにしていただければ幸いです!

PROGRIT(プログリット)

おすすめNo. 1のスクール

2~3ヶ月の短期習得がメインで、手厚いサポートで確実に英語力がつく。

卒業後の学習をサポートする仕組みもあり、自己管理や自習の習慣も身につけることができる。

ポイント

①言語習得理論に基づいた科学的なカリキュラム

②学習継続をサポートする充実したコンサルティング

③コース修了後の学習をサポートする年間学習計画

TORAIZ(トライズ)

おすすめNo. 2のスクール

ネイティブ講師とのレッスンを重視したい人向け。

月当たりで考えたときの料金が比較的手ごろなのも魅力。

ポイント

①科学的根拠にもとづいた1年1000時間の英語学習

②年間141回のネイティブ講師によるレッスン

③継続率91.0%を実現するサポート

ライザップイングリッシュ

おすすめNo. 3のスクール

ダイエットで有名なライザップのノウハウを応用した英語学習プログラム。

英会話スキルアップは、目的やレベルに合わせて細かく5つのコースに分かれている。

ポイント

①ライザップならではの「結果コミット型」プログラム

②徹底的に質にこだわった目的別トレーナー

 

-ビジネス英語の弱点克服戦略

Copyright© ビジネスパーソンにおすすめの英会話スクール情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.